水指しの蓋加工頼まれました。
水指しは中が窪んだ分と普段見かける分を造りました。製作工程は轆轤で木地を造りその上にカンレイシャを張り。地の粉を塗っては磨き、荒い分~小さい分まで3回ほど繰り返ししてから、黒漆を3回ほど塗り伊勢早を、3~4回塗り呂色磨きをして仕上げております。(簡単な説明です。)

投稿用_8012 投稿用_8021
 中が窪んだ蓋     普通に見かける水指し
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク