上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ISS.jpg
H22・6・24日午後8時50分頃撮影した物です。
ISSの写真は地上から撮影したもの距離約400キロ~450キロ天頂付近を飛ぶとき。
光跡は金星よりも明るい。
データー
高橋JP赤道儀 200㎜反射望遠鏡F6 1200㎜ レジュウサーF4.8使用
カメラ
キャノンEOS 40D ISO 1600 露出 1250/1
手動追尾  連射撮影
なかなか難しくて9倍正立ファイダーで追っても、十字線の中に入ってくれませんのでISS国際宇宙ステーションの前に、待ち構えて連射撮影します。
これを撮るときには時間をあらかじめしらべ待ち構えますが、撮れるのは2分位で消えるか雲に入っていなくなる。
これは、天頂近くを飛んでいる時の話。たいていは少しぶれるか、ピントが合っていない。
ピント合わせがとても難しい。
ピント合わせは出ていれば、星・惑星・月など遠い物に合わせる。
スポンサーサイト
ISS 国際宇宙ステーション津山市上空仰角63度
ISS 国際宇宙ステーション津山市上空仰角63度
5月11日午前3時38分から43分まで岡山県津山市上空を飛行致しました。そのとき撮影した写真です。
データー
Canon 40D ISO 1600 露出 1250/1秒 反射望遠鏡 200ミリ F6 をF8 1600ミリ にする。
赤道儀フリーにして、ファインダーでISSを手動追尾する。

写真の解説
①は、西から上がってくるISS ②は、一番近い頭上の位置 ③は、遠のいていくISS ④は東へ去っていくISS 宇宙ステーションは上空400キロ以上遠くを飛んでいます。

天候は快晴で、とても気持ち良く撮れました。
欲を言えば仰角80度以上の真上で撮りたかったです。
今回は、仰角63度で少し不満でした。

この次、また来るのを待ちます。
ISS国際宇宙ステーション
平成21年2月4日の国際宇宙ステーションです。
200ミリ反射望遠鏡F6 焦点距離 1200ミリファインダーで追尾 EOS40D 連射にて連続撮影で良い物を添付しております。

角度によって変わって見えます。
前回アップデーとした写真は3枚でしたが、今回は同じ写真を6枚合成した写真です、6枚合成した写真を見ると弧を画いて見えます。

地球の外の大気圏外上空400キロを回っているのですが、沖縄の真上あたりに居るそうです。

場所、ISS国際宇宙ステーショん貼り付けました。


完成2 年月日入り衛星入り
前回アップデーとした写真は3枚でしたが、今回は同じ写真を6枚合成した写真です、6枚合成した写真を見ると弧を画いて見えます。

地球の外の大気圏外上空400キロを回っているのですが、沖縄の真上あたりに居るそうです。

ISS国際宇宙ステーション光跡弧えがく
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。